こいうまや

おうちで英語学習をがんばっています!他にも妊娠・出産や育児、日々のことなどいろいろ。

子ども向けオンライン英会話教室体験記④

息子が小学校入学前の春休みを利用して、オンライン英会話教室の無料体験をしてみました。

 

これまでの経緯はこちら①こちら②こちら③

 

hanaso kids、DMM、キッズスター★イングリッシュの3社を無料体験してみて、うちはhanaso kidsを受講する事にしました。

受講を決めたら、PayPalのアカウントを作って、クレジットカード払いの手続きをします。同時進行でネットでLet's goのテキストの購入もします。テキストが届いたら、無料体験の時と同じようにレッスン予約をして、受講スタートです。

うちの子の場合ですが、始めた当初、授業中は隣に親がずっと付き添っていました。スカイプの操作や、先生からの指示が分からなくて授業が止まってしまった時などは、親が間に入って手伝ってあげる必要がありました。これが案外面倒で、特にうちは1歳の下の子を抱えながらだったので、やっぱりどこか外に習いに行かせた方が楽なんじゃない?と思ったりしました。

でも子どもはすぐに慣れるもの1ヶ月もすればずっと隣に張り付くのではなく、なんとなく会話が聞こえて来るくらいの距離で見守るだけでになりました。

そして2ヶ月経った今は、ほぼ息子だけで授業を受けられるようになっています。むしろ私が見ていない方が、先生とのびのび会話してるかも?お気に入りの先生もできて、楽しそうにやってます。英語での会話も自信がついて来たのか、心なしか以前よりも堂々と話しているように思います

 

以下、通学型の英会話教室と比べながらの総評です。

 

  • 安価でマンツーマンの授業が受けられる

生徒は息子しかいないので、期待通り先生と英語で会話する時間は増えたように思います。なかなか毎度同じ先生を予約するという訳にはいかないのですが、先生によって若干教えるスタイルが違ったりするのもいい刺激になってるみたい。25分という授業時間も、集中力が持続する時間の短い小学1年生男子にはちょうど良い長さです。

一方で、マンツーマンだと他にクラスメイトがいないので授業の進度がかなり早くて、授業内容をしっかり習得できているのか怪しい…通学型の教室では1年かけて1冊のテキストを終わらせてましたがオンラインでは2ヶ月でさらっと1冊を終わらせてしまいました。先生に聞いてみたら、テキストの1、2、3と進んで行って、全部終わったらまた前のテキストをやり直す子もいるそうで、うちもやろうかな、と思ってます。

 

  • 送り迎えがない

楽。すごい楽。雨の日なんて優越感すら感じます。授業予約の10分前になったらスカイプを起動して背景に映り込みそうなとこだけささっと片付けて、息子をトイレに行かせてる間にテキストを出して準備完了。楽チンだわー。

 

  • 親が進み具合を把握できるので、予習復習が効果的にできる

これは家庭によって意見が分かれるところかもしれません。うちの場合、以前は宿題をやらせるくらいであとは教室に丸投げだったのですが、オンラインにしてから親が積極的に関わるようになりました。オンラインだと授業内容が丸聞こえなので、あ〜予習させなきゃとか、今日はあそこができてなかったから復習させとこうとか、親が的確にフォローできます。自宅学習の習慣が付くのも悪い事ではないので、我が家では積極的にやってます(と言ってもテキストに付属しているCDを聞かせて予習するのと、分からなかった単語を復習するくらい)。別に先生から予習復習をさせてください等は言われないし、オンライン教室の方に任せきりでも構わないと思います。でも効果が見える方がやっぱり親も励みになりますので、おすすめです。

 

  • 予約が面倒。予約可能数が限られる

毎回毎回予約を入れなければならないのは地味に面倒です。従来の通学型教室のように、担任の先生がいて毎週決まった曜日と時間に授業をしてくれる方が楽です。1ヶ月分の8回を一気に予約できればまだいいのですが、うちの場合は1度に予約できるのが2回までと決まっているので、少なくても週に1度は予約を入れる必要があります。予約数を増やしたり、もっと簡単に予約できるアプリがあったりする教室もあるようなので、また試してみたいです。

 

  • 下の子対策

盲点だったのがのがこれ。パソコンはリビングに置いているので、下の子が邪魔をしないように、授業中は私と下の子はキッチンに避難して、なるべく物音を立てないようにして遊んでます。いまはまだ1歳代と小さいからいいのですが、もう少し大きくなって制御できなくなったら辛いかも(^^; DVDを見せたりオヤツを食べさせたりしてなんとか25分持たせる…なんてことになるのかもしれません。

 

いろいろ書きましたが、我が家では概ねオンライン教室で満足していて、しばらくはこのまま続ける予定です。夏休みになったら授業数を増やしたり、まだ試していない教室の体験授業を受けたりしてみたいです★

子ども向けオンライン英会話教室体験記③

息子が小学校入学前の春休みを利用して、オンライン英会話教室の無料体験をしてみました。

これまでの経緯はこちら①こちら②

 

次にトライしたのは、キッズスター★イングリッシュ3歳からの子ども専用オンライン英会話です。

これまでhanaso、DMMと試してみて、どちらも先生の自宅からの授業だったのですが、自宅ではなくセンターからの授業はどんな感じなのか試してみたかったのです。キッズスターはセブ島の最先端のオフィスから光回線で通信とのこと。スカイプの繋がり方が違ったりするのかな?

講師の研修にも力を入れているようだし、先生方が毎日全体ミーティングしているというのも好感が持てます。学習内容のチェックや日本語サポートなど、保護者向けのサービスが充実しているのも親には嬉しいです。

予約は授業開始30分前までですが、キャンセルは前日の20時までとのこと。キャンセルはできれば当日にできると嬉しいんですよね〜。

授業は、カードを使ったり歌を歌ったりするフリートークと、テキストを使った授業があり、無料体験はフリートークレッスンです。

そして授業を受けた感想。

子ども専用だけあって、先生はとても優しくて息子もまったく緊張することなく、オンラインに慣れてきたこともあったと思いますが、これまでで一番伸び伸びと授業を受けてました!

高速回線かどうかは、正直よく違いがわからなかったです^^;

オフィスからなので背景も明るく、いかにも英会話教室という感じで雰囲気も良かったです。ただ、隣のブースで授業をしている先生たちの声が聞こえてきてしまうですよね〜。なるほど、センターからだとそういう弊害もあるのか、と納得でした。

 

キッズスター★イングリッシュ

www.kids-star.jp

 

料金プランは、月6回・2,980円、月12回・5,400円、月30回(毎日)・9,900円、月60回(1日2回)・19,200円と幅広く用意されており、追加でチケットの購入もできます。他によくばり予約オプションというのがあって、月に630円を払うと一度に予約できる枠を増やせるようです。無料体験授業を受けた当初は、予約を増やす為に数百円?必要ないでしょ~とスルーしましたが、今思うと案外便利なシステムかもしれません。毎回ちまちま予約するのって、意外に面倒なんです。

こうして、一応3社を試してみました。そして、hanaso kids に決めました♪

正直決め手というほどの理由はなく、

  • DMMと比べると先生のバラつきが少なそう。
  • キッズスターと比べると直前まで授業予約のキャンセルができる。

ということで、消去法的にhanasoに決めた感じです。

次回、通学型からオンラインの英会話教室に変えて2ヵ月経った総評を書きたいと思います。

子ども向けオンライン英会話教室体験記②

息子が小学校入学前の春休みを利用して、オンライン英会話教室の無料体験をしてみました。

これまでの経緯はこちら

 

次に試してみたのは、オンライン英会話と言えばここ!のDMM英会話。ここを試さずにオンライン英会話は語れません(⁈)

DMM自体は全年齢向けで、子ども専用と言う訳ではないので、予約の際に子ども用の授業に対応してくれる先生を選ぶようになります。

フィリピン人講師のみだったhanasoと違い、DMMには世界各国の講師が在籍しているし、登録数も桁違い。先生を選ぶのに本気で迷います。

せっかくなので、hanasoでは体験できなかった非フィリピン人の先生を選んでみることに。評価の高そうな、東欧の女性の先生にしてみました。予約は授業開始15分前まで、キャンセルは30分前までできます。

ちなみにhanasoは授業開始5分前まで予約可能です。そんなに直前に予約しなきゃいけないことがあるのかわかりませんが、毎週決まった日時に授業を受けるつもりだったのにこの日に限って予約を入れ忘れた!なんてことがあった時は便利かもしれません。

そして、DMMのすごいところは、なんと言っても教材が無料なところ!!

レベル別や内容別に分かれた教材が幅広く用意されていて、その種類なんと全70教材もあるのだそうです。もちろん全部が子ども用ではありませんが、英検対応まで用意されてます。これが授業料のみで使えるって、すごすぎる~。

授業内容も一コマずつに細分化されていて、きっちりマニュアル化されている感じ。これなら前回の授業はどこまでやったっけ?なんて迷うことはないし、先生によって授業内容にバラつきが出ることもなさそうです。

うちはLet's Goという教材を使うことにして、先生もLet's Go対応の先生にしました。

無料教材の使い方ですが、Let's Goの場合、予約が完了した時点で、自分が予約したパートのみオンラインで閲覧できるようになります。音源もちゃんと再生できます。うーん、ハイテクだ。

ただしプリントはできないので、授業中はブラウザで教材を見つつスカイプしつつの2画面になるので、子どもにはちょっと扱いづらい気も・・・。スカイプiPhoneでやって、教材はPCで見るとかできるのかな~。

とりあえず今回は、パソコンの画面半分にスカイプもう半分にテキストを表示して、息子をパソコンデスクの前に座らせ、いざ先生からのスカイプを待ちます。

時間通りにコールが入り、繋がってみると、、、んん?何か薄暗くない?

そしてやや気だるげな「ハロ〜」の声。

時差の関係であちらは早朝だそうで、先生、どうやらご自宅のベッドの上からスカイプしてくれているようです…。

途中、男の子と女の子の会話の様子を人形劇風にやってくれたのですが、登場したのはその辺にあった置物とスピーカーだし、なんと言うか…とっても自由な授業でした^^;

優しくてフレンドリーな先生でしたし、これが大人のフリートークの授業とかなら打ち解け易くてよかったと思います。でも子どもがきちんと授業をしてもらう感じの雰囲気ではなかったです。

お互い自宅からの授業だからこそ、明るい部屋でデスクに座って授業に必要な物は予め用意しておき、不要な物は映り込まないようにして、なるべく勉強に集中できる環境を作る配慮が欲しいなと思ってしまいました。経営側からそういったガイドラインはないのかな?

たくさんの先生が世界各国から登録しているということはそれぞれのお国柄も出るだろうし、選ぶ先生によって教える姿勢にはバラつきがあるのかもしれません。

料金は、スタンダードプランで毎日1レッスン・月額5,500円、毎日2レッスン・9,200円、毎日3レッスン・12,800円の3種類(すべて税込み)。

DMMはプラスネイティブプランというのがあって、値段の高いプランに入るとネイティブの先生を選べます。

毎日レッスンを受けるシステムなので、お休みしても振替は発生しません。

 

DMM英会話

eikaiwa.dmm.com

とまぁ、なんだかんだ言いつつ、教材がタダで使えて5,500円の月謝で毎日話せるのはかなり魅力的です。夏休みとかの長期休暇になったら英語強化のために毎日やりたいな~と思ったりします。

 

さて、次はキッズスターイングリッシュを試してみますよ~。

 

 

 

子ども向けオンライン英会話教室体験記①

7歳の長男が、今年の4月小学校入学を機に、年少から続けていた英会話教室を退塾しました。

辞めた理由は幾つかあって、まずはとにかく授業料が高い。うちの場合は週2時間のレッスンで、月に1万8千円ほどでした。少人数制&ネイティブの先生だったので、相場の値段ではあるのですが、一般的なサラリーマン家庭の我が家にとってはなかなかの出費です

それでも年少の頃はまだ良かったのですが、学年が上がるにつれて授業中に仲の良いお友達とふざけてしまう姿が目立つようになり、それも気になっていました。時間はもっと短くてもいいからマンツーマンのレッスンにしたい…。でもマンツーマンだと、時間を短くしても授業料は同額か、もっとお高いくらいになっちゃうんですよね。

そして、何と言っても送迎が面倒。通い始めた当初はごく近所に住んでいたのですが、途中で引っ越しをして車で送り迎えが必要になり、更に翌年には次男が産まれ、送りと迎えの2往復がどんどん苦痛に。時間ももったいない。

他にも幾つか細かい不満が溜まっていて、いずれは別の教室に変えなきゃな〜と思いつつ、でも実際に変えるとなるとそれも面倒だしで、最後の方は半ば惰性でズルズルと通っていました。

それが一転、退塾を決意したきっかけがオンライン英会話教室の存在に気付いたことでした。 少し前は、オンラインで英会話と言うと、通っている英会話教室の補助教材的な印象でした。それが今や、オンライン専用でしかも子ども向けのスクールがあったりするんですね〜。

オンラインなら自宅からインターネットで授業を受けられるので送り迎えが要らない。比較的安価にマンツーマンの授業が受けられる。我が家は日頃からお互いの実家とスカイプでやり取りしているので、息子もモニタ越しのやり取りには慣れています。

あれ、これってもしや我が家にぴったりなのでは?

夫にも相談してみたところ、今の所はいずれ辞めようと思ってるって前から言ってるよね。いずれいずれって、いつ辞めるの?今でしょ!と背中を押されてやっと重い腰を上げました。

うん。オンライン、やってみよう。

と言う訳で、キリの良い所で小学校入学と同時にそれまでの教室を辞め、オンライン英会話教室をスタートして、約2ヶ月が経ちました。前の教室(非オンライン)との比較も含め、これまでの体験をまとめてみましたので、お子様の英会話教室を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

さて。オンライン英会話教室を試してみよう!と意気込んで決めてはみたものの、どこの教室にしよう。って言うか、そもそもどんなとこがあるの?

ネットで軽く調べてみただけでも、意外にたくさんあるな〜という印象です。

講師も授業形態も料金体系も様々で、それぞれのサイトをいちいち全部読んでたら選びきれない^^;

そこでまずはざっくりと、

 
  • 子ども向けであること
  • 講師は外国人
  • 授業料は月5千円程度で、入学金無料
 

条件をこの3つのみに絞って探してみました。

授業料は、これぐらいで決まればいいな、という希望も込めて、月5千円に設定。入学金ナシの月5千円くらいなら、ダメ元で試してみて本当にダメでも諦めがつきます。

講師は、できればネイティブの先生が希望でしたが、そうするとお値段が高くなってしまうみたい。逆に日本人の先生にするという選択肢もあるけれど、息子にはとにかく英語を話す事に慣れて欲しいというのが一番の目的なので、外国人の先生を選びました。

あとはとにかく体験授業を受けてみることに。体験してみないことには、他に何を条件にしたらいいのかもよくわかりません。

こうして選んだ数社の中から、まずは3社を体験してみました。

 

初めに体験したのは、hanaso kids です。

 

4歳から15歳までが対象で、講師は全員フィリピン在住のフィリピン人の先生。

料金は、1コマ25分間の授業を月4回又は週1回で3,000円程~と、お手頃な価格設定から用意されているので心理的ハードルも低く、初心者にも試しやすい♪

体験授業は無料で2回受けられます。

 

まずは無料体験登録。スカイプはインストール済みだし、メールアドレスさえあれば登録はすぐ終わります。

無料体験用に自動的に専用の授業が用意されてたりするのかな?と思っていましたがそんな事はなく、通常の操作と同じ様に自分で予約を入れるみたい。

勧誘のプロみたいな体験専用の先生が出て来て営業攻撃にあったらどうしよう…とかちょっとドキドキしてましたが要らない心配でした。

むしろどの先生にしたらいいのかさっぱりわからない。

と言ってもhanasoはそれほどたくさんの講師がいる訳ではないので、最初の方に出てきた先生を適当に選んでみます。ちなみに全員女の先生でした。

時間と先生を選んだら、あとは授業内容を「レベルチェックテキスト」にして予約決定。体験授業を受ける時は、レベルチェック用のテキストを印刷するか、ブラウザで開いておきます。初回なので、親もがっつり隣で待機します。

あとは先生からのスカイプを待つのみです。

そして授業を受けた感想。

うん、問題ないんじゃない?

hanasoはコールセンター等ではなく先生の自宅からの授業になるので、スカイプがちゃんと繋がるのか心配だったのですが、問題なく繋がりました。

会話もスムーズで、ヘッドセットを買う必要も特に感じません。

フィリピン人の先生の英語ってどうなの?と思う気持ちも正直少しあったのですが、私はほとんど気になりませんでした。アメリカ英語に近い感じで、ずっとアメリカ人の先生に習ってきた息子にも馴染みやすいみたい

スカイプ越しなので細かい言い間違いなんかはさらっと流されてるのがちょっと気になるけど、あまり細かく注意されて会話の流れが止まってしまうよりいいのかな。

ちなみにレベルチェックの結果、息子はレベル3をいただきました。これまでの(主に親の)努力が多少は身に付いてくれているようで、ほっとしました〜。

 
hanaso kids


料金プランは、月4回・3,000、月8回・5,000円、月12回・6,800円、月16回・8,400円の回数プランと、週1回・2,800円、週2回・4,600円の週プランがあります(すべて税抜き)。

うちの場合は選ぶとしたら、月8回で5,000円のコース。他の習い事との兼ね合いで、週2回が精一杯だし、料金も希望通り。

同じ週2なら週プランだと4,600円で若干安くなるのですが、週プランは未受講分のレッスンの繰り越しが出来ないみたい。

予約は開始5分前まで可能で、キャンセルはレッスン開始30分前まで可能というのも有難いです

追加でレッスンを受けたい場合はチケットを買う事もできるようですが、チケットで予約した授業のキャンセル受け付けは24時間前までとのこと。子供は突然体調を崩したりするので、当日にキャンセルが出来ないのは困ります。なのでうちは使わないな。

 

さて、次はDMMを試してみますよ~。