こいうまや

おうちで英語学習をがんばっています!他にも妊娠・出産や育児、日々のことなどいろいろ。

子ども向けオンライン英会話教室体験記②

息子が小学校入学前の春休みを利用して、オンライン英会話教室の無料体験をしてみました。

これまでの経緯はこちら

 

次に試してみたのは、オンライン英会話と言えばここ!のDMM英会話。ここを試さずにオンライン英会話は語れません(⁈)

DMM自体は全年齢向けで、子ども専用と言う訳ではないので、予約の際に子ども用の授業に対応してくれる先生を選ぶようになります。

フィリピン人講師のみだったhanasoと違い、DMMには世界各国の講師が在籍しているし、登録数も桁違い。先生を選ぶのに本気で迷います。

せっかくなので、hanasoでは体験できなかった非フィリピン人の先生を選んでみることに。評価の高そうな、東欧の女性の先生にしてみました。予約は授業開始15分前まで、キャンセルは30分前までできます。

ちなみにhanasoは授業開始5分前まで予約可能です。そんなに直前に予約しなきゃいけないことがあるのかわかりませんが、毎週決まった日時に授業を受けるつもりだったのにこの日に限って予約を入れ忘れた!なんてことがあった時は便利かもしれません。

そして、DMMのすごいところは、なんと言っても教材が無料なところ!!

レベル別や内容別に分かれた教材が幅広く用意されていて、その種類なんと全70教材もあるのだそうです。もちろん全部が子ども用ではありませんが、英検対応まで用意されてます。これが授業料のみで使えるって、すごすぎる~。

授業内容も一コマずつに細分化されていて、きっちりマニュアル化されている感じ。これなら前回の授業はどこまでやったっけ?なんて迷うことはないし、先生によって授業内容にバラつきが出ることもなさそうです。

うちはLet's Goという教材を使うことにして、先生もLet's Go対応の先生にしました。

無料教材の使い方ですが、Let's Goの場合、予約が完了した時点で、自分が予約したパートのみオンラインで閲覧できるようになります。音源もちゃんと再生できます。うーん、ハイテクだ。

ただしプリントはできないので、授業中はブラウザで教材を見つつスカイプしつつの2画面になるので、子どもにはちょっと扱いづらい気も・・・。スカイプiPhoneでやって、教材はPCで見るとかできるのかな~。

とりあえず今回は、パソコンの画面半分にスカイプもう半分にテキストを表示して、息子をパソコンデスクの前に座らせ、いざ先生からのスカイプを待ちます。

時間通りにコールが入り、繋がってみると、、、んん?何か薄暗くない?

そしてやや気だるげな「ハロ〜」の声。

時差の関係であちらは早朝だそうで、先生、どうやらご自宅のベッドの上からスカイプしてくれているようです…。

途中、男の子と女の子の会話の様子を人形劇風にやってくれたのですが、登場したのはその辺にあった置物とスピーカーだし、なんと言うか…とっても自由な授業でした^^;

優しくてフレンドリーな先生でしたし、これが大人のフリートークの授業とかなら打ち解け易くてよかったと思います。でも子どもがきちんと授業をしてもらう感じの雰囲気ではなかったです。

お互い自宅からの授業だからこそ、明るい部屋でデスクに座って授業に必要な物は予め用意しておき、不要な物は映り込まないようにして、なるべく勉強に集中できる環境を作る配慮が欲しいなと思ってしまいました。経営側からそういったガイドラインはないのかな?

たくさんの先生が世界各国から登録しているということはそれぞれのお国柄も出るだろうし、選ぶ先生によって教える姿勢にはバラつきがあるのかもしれません。

料金は、スタンダードプランで毎日1レッスン・月額5,500円、毎日2レッスン・9,200円、毎日3レッスン・12,800円の3種類(すべて税込み)。

DMMはプラスネイティブプランというのがあって、値段の高いプランに入るとネイティブの先生を選べます。

毎日レッスンを受けるシステムなので、お休みしても振替は発生しません。

 

DMM英会話

eikaiwa.dmm.com

とまぁ、なんだかんだ言いつつ、教材がタダで使えて5,500円の月謝で毎日話せるのはかなり魅力的です。夏休みとかの長期休暇になったら英語強化のために毎日やりたいな~と思ったりします。

 

さて、次はキッズスターイングリッシュを試してみますよ~。